So-net無料ブログ作成
検索選択

生活保護受給者の向精神薬処方で緊急調査(医療介護CBニュース)

 大阪市の生活保護受給者にうつ病などの病気を装わせ、向精神薬を大量に入手させて転売したとされる事件で、長妻昭厚生労働相は4月27日の閣議後の記者会見で、ほかの地域で類似したケースが無いかを把握するため緊急調査を実施する方針を示した。同一月内に複数の医療機関を受診した結果、向精神薬が過剰に処方されているケースがないか点検するよう、同日付で各都道府県などに通知し、5月末までに報告するよう要請。また、不適切な受療行動があれば、その後の改善状況を7月末までに報告するよう求めている。

 調査は、生活保護の医療扶助を受けている人のうち、精神科に通院している約4万人を対象に実施。各自治体の福祉事務所が対象者の今年1月分のレセプト(診療報酬明細書など)を抽出し、同一月に複数の医療機関で向精神薬が処方・調剤されていないかを点検する。処方・調剤されている場合は、主治医の訪問などで内容の適否を審査し、不適切な受療行動が確認されれば、被保護者に対する指導などを行う。


【関連記事】
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
「生活者視点の、信用できる厚労行政の実現を」−長妻厚労相
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割−看護師意識調査
生活保護受給者の入所、7割超が「未届け施設」―東京都調査
生保受給者を守れ!―通知事実上撤回の舞台裏

TカードVS.Ponta どっちが得!? 共通ポイントカード市場が活性化(産経新聞)
舛添氏「清潔な政治を目指していく姿で期待に応えたい」(産経新聞)
<国民新党>参院選東京選挙区に新人(毎日新聞)
首相動静(4月19日)(時事通信)
裁判長「和解が望ましい」B型肝炎訴訟、大阪でも方針提示(産経新聞)


2010-04-27 17:14  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。